横浜で注文住宅を施工できる工務店の選び方

住みたい街ランキングでも常に上位にいる横浜は理想的な街と言えます。特に子育て世代が集まっている横浜市の青葉区や都筑区などは注文住宅を建てようと計画されている方にはおすすめのエリアです。そこで、次に考えなければいけないのは工務店です。工務店選びはとても重要ですが、あとから変えることも難しいので、悩んでしまう方も多いでしょう。そこで工務店を選ぶポイントを紹介します。第一に工法から選ぶ方法です。木造枠組工法やプレハブ工法やツーバイフォー工法などありますが、自分の家をどの工法で建てるのかを考えます。第二に費用です。どれくらいの予算でどのような家が建てられるかをざっくり見積もりなどで確認してみましょう。次に工期です。そしてスタッフの対応やサービスです。これも相性が大きいと思いますので、実際に接してみて考慮しましょう。

横浜で注文住宅を建てる際に失敗しない工務店選び

工務店を選ぶのが難しい理由、それは数の多さです。横浜には200件近くの工務店があり、それぞれの特徴も売りも異なります。注文住宅を建てる際には施工業者を選びますが、工務店だけでなく、ハウスメーカーと分かれます。ハウスメーカーは特に明確な定義はありませんが、ある程度統一された設計、建材で家を建てる業者です。全国規模で自社工場や仕入れシステムを構築しており、低価格かつ安定したクオリティで家を仕上げられますが、デザインの幅は狭まります。工務店へ直接発注することで自由に個性的な家を建てることも可能です。最近は注文住宅と謳っていても、ある程度の仕様から選んでいく形式が多く見受けられます。せっかく注文住宅にするのであれば、工務店を通して自由な家づくりをおすすめします。もちろん、工務店ごとに得意なデザインや工法があります。ある程度目星をつけたら、それぞれ相談をして見積もりをとってみるとよいでしょう。

横浜市で工務店を通して注文住宅を建てるメリット

住みたい街上位に常に顔を出す横浜ですが、実は横浜市で注文住宅を建てることで補助金が支給される場合があります。補助金は数万円から数十万円の場合もありますので、事前に必ず確認しましょう。定期的に行政の公式ホームページにて掲載されていますので、一度確認されるとよいです。横浜市建築局はZEH普及促進補助という補助制度を設けています。これはネットゼロエネルギーハウスのことです。条件を満たすことができれば上限50万円を先着順で受け付けています。他にも宅内雨水浸透ます設置助成制度は横浜市環境創造局が設けている助成制度です。そのほかにもいくつかありますので、確認し、工務店と相談してみるとよいと思います。工務店は割高なイメージがあるでしょうが、広告費や営業費が大手に比べて少ない分、実際の材料費に回せることでこだわりにより予算を投じることができるので、同じ価格でも理想を追求できるのです。